日本酒パウチで気軽に日本酒を楽しもう!

  • LINEで送る

720mlや1Lなど、瓶に入っていることが多い日本酒。いざ瓶を捨てようと思って何本も瓶が並んでいると、捨てるのが億劫になることはありませんか?

そんなゴミ捨てを楽にしてくれるのが、パウチに入ったお酒。パウチなら、飲み終わったあと、くるくると丸めて捨てるだけ!重たい瓶をゴミ捨て場まで持っていく必要はありません。

今回は、そんな気軽に楽しめる日本酒パウチをご紹介。ぜひご家庭で試してみてくださいね。

目次

    1. 持ち運び便利で簡単に捨てられる、日本酒パウチ
    2. 日本酒パウチを購入したときのメリット
    3. 編集部が選ぶ、オススメ日本酒パウチ
    4. 晩酌にもアウトドアにも重宝する、日本酒パウチ

持ち運び便利で簡単に捨てられる、日本酒パウチ

レトルトカレーやパスタソースなどに使われる、パウチ。持ち運びも簡単で、捨てるときもラク。日々忙しい私たちにとって心強いパッケージのひとつですよね。

そんなパウチを使って日本酒を販売している酒蔵が出てきていることをご存知でしょうか?そのひとつが、宝酒造。パウチを使った容器を大日本印刷と共同開発し、2011年9月から『松竹梅「天」900mlエコパウチ』を販売しています。

続いて、2016年には菊水酒造が空気に触れないパウチパック日本酒『菊水スマートパウチ』を販売し、パウチ酒に一層注目が集まりました。

日本酒パウチを購入したときのメリット

日本酒をパウチに入れると、どんなメリットがあるのでしょうか?

1. 持ち運びが便利!

パウチなので、キャンプやBBQ、釣りなど、自宅以外の場所へ簡単に持ち運ぶことができます!友人の家でホームパーティーをするときも便利ですよね。しかも、パウチだから割れる心配はありません!瓶を持っていくときは緩衝材を入れたり、振動に気を配ったりと移動が大変ですが、パウチであれば何も気にしなくてOK。電車でも、車でも、心穏やかに移動することができます。

2. 冷蔵庫の中で場所を取らない

日本酒は一度開封すると、冷蔵庫に入れて保存したほうがいいといいますよね。でも、720mlの瓶を冷蔵庫に入れておくと結構場所を取るもの。他の食材を入れられなくて困ったことがある人もいらっしゃるのではないでしょうか?

ですが、パウチであれば、瓶ほど場所を取らずに冷蔵庫に保管することができます。飲んだら飲んだ分、小さくすることも。日本酒の保管に悩んでいる人にこそ試してもらいたいのが、パウチ酒なのです。

3. 捨てるのが楽

冒頭でもお伝えしましたが、パウチなので飲み終わったら折りたたんでプラスチックゴミとして捨てればいいだけ。瓶だと、瓶のゴミの日を覚えておかなければいけませんが、プラスチックゴミならいつも出すときと一緒に出すだけ。簡単に捨てられるのが嬉しいですよね。

4. 鮮度を保てる商品も

パウチにすると気になるのが、鮮度ですよね。でも、最近は鮮度を保つ特殊なパウチに入れて販売している商品も出てきているんです。それが、菊水酒造の「菊水スマートパウチ」。空気に触れさせないようにしているので、日本酒の鮮度を保持し続けてくれます。

編集部が選ぶ、オススメ日本酒パウチ

では、具体的にはどんな日本酒パウチがあるのでしょうか?ここからは、具体的な商品をお伝えします。

ふなぐち菊水一番しぼりスマートパウチ 1500ml

「一番しぼり」というだけあって、入っているのはフレッシュ感あふれる生原酒。空気に触れないつくりになっているので、最後まで開けたときの美味しさを保持できます。日光や空気で酸化しやすい生原酒をこんなに手軽に楽しめるのはありがたい限りですね!繊細でまろやかな口当たりの菊水一番しぼり。ぜひ自宅で存分に味わってみてください。

松竹梅「天」900ml 

コクに関わるコハク酸をたくさんつくる酵母と、スッキリとした後味を生み出す酵母を2種類使う「二段酵母仕込」。この仕込み方法で作られた日本酒が、松竹梅「天」シリーズです。キレのある後味なので、どんな料理にもぴったり。特に刺身や天ぷらなどの和食との相性は抜群です!スタンダードの「天」以外にも、「飲みごたえ辛口」や「糖質70%オフ」、「香り豊かな糖質ゼロ」といった商品も。すべて日本酒パウチとして販売されているので、ご自身の好みに合わせて選んでみてくださいね。

大関 のものも パウチ 900ml

日本酒生産量トップを独走する、兵庫県。その中でも「菊正宗」「白鶴」「剣菱」など数多くのブランドを世に放ってきたのが、兵庫県・神戸の海岸沿いに広がる「灘五郷(なだごごう)」エリアです。その「灘五郷」に酒蔵を構えるのが、大関です。

「のものも」は、後味がスッキリとした辛口のお酒。どんな料理にも合う、食中酒にぴったりの日本酒です。そんな人気の銘柄をパウチにしたのが、この商品。日々の晩酌にぴったりだからこそ、冷蔵庫に保存しやすいパウチで毎日少しずつ飲んでみる。そんな飲み方をしてみるのはいかがでしょうか。

津南醸造 GO POCKET 100ml

次にご紹介するのは、津南醸造の「GO POCKET」。100mlの飲みきりサイズなので、外でひとりで飲むときにぴったり。しかも、日本酒を飲むシーンごとに商品名を記載しているので、日本酒に詳しくなくても、楽しく選ぶことができます。ごはんを食べながら飲むときはDINER、スイーツと一緒に飲むときはDOLCEなど、シチュエーションに合わせて選んでみてくださいね。

日本酒サブスク「SAKEPOST」

日本酒の少量パウチ酒といえば、SAKEPOSTもお忘れなく。毎月100mlの日本酒が3種類送られてくるので、飲み比べにぴったりのサービスです。日本酒といえば、四合瓶(720ml)で販売されていることが多いですが、そんなに量が飲めない方もいらっしゃると思います。量は飲めないけど、日本酒に詳しくなりたい!と考えている方にこそオススメしたいサービスです。

晩酌にもアウトドアにも重宝する、日本酒パウチ

持ち運び便利で簡単に捨てられて、保存場所も取らない日本酒パウチ。毎日少しずつ晩酌したい日本酒好きのみなさんにとってありがたい商品なのではないでしょうか。日常的に飲むときも、アウトドアにもぴったり。ぜひ活用してみてはいかがでしょうか?

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。